秋の肌トラブル「クマ編」 | 美容皮膚科夕カミクリニック(東京 表参道)

Medical Beauty News

秋の肌トラブル「クマ編」

いるだけで美人力低下
目の下に居座る“クマ”

鏡を見るたびに悩む目の下のクマ。
目元の皮膚の厚さは頬の約半分程度と薄くとてもデリケートなため、夏に受けた紫外線ダメージや冷房による冷え、生活習慣の乱れなどが“クマ”といった症状としてダイレクトに現れ、クマが一段と濃く目立ってしまいます。

夏老けを感じさせないためにも、早急なケアを

目元にくっきりと浮かぶクマは、年齢感・疲れ感を増すため、夏に老けた…と周りに思われないためにも、早急に解消すべき問題なのです。
クマは種類によって原因と対策が異なるため、まずは自分のクマがどのタイプなのかを知り、症状にあったケアをすることが大切です。

私のクマはどのタイプ?
  • 目の下の皮膚を下に引っ張るとクマが薄くなる
  • どちらかというと色白
  • 冷え性
  • 目の下の皮膚を下に引っ張ってもクマは薄くならない
  • 顔がくすんでいる
  • 目元を擦るクセがある
  • 目の下の皮膚を下に引っ張るとクマが薄くなる
  • 鏡を見ながら顔を上に向けるとクマが目立たなくなる
  • 目の下のふくらみ(目袋)が目立つ
タイプ別 クマの原因
青クマ
青クマ

主な原因は血行不良。寝不足や、パソコン、スマホの見過ぎなど目を酷使することで、目の下が血行不良になり、うっ血して青黒く見えます。幼少時代から目の下に青っぽさがある方は、年をとるにつれて悪化していくケースも。

セルフケアでの解決法
温冷タオルで血流ケア
温めたタオル※を目周りに乗せる(約5分)
冷やしたタオルを目周りに乗せる(約5分)
STEP1、STEP2を交互に2~3回繰り返す
※清潔なハンドタオルを水で濡らし、ラップをかけ、500wの電子レンジで1~2分温める。
 じんわり温かい程度で。
茶クマ
茶クマ

主な原因はメラニンによる色素沈着。紫外線、摩擦、ターンオーバーの乱れなどが原因で目の下の皮膚が肘や膝のようにゆるんで一箇所にたまり、ちりめんじわのように色調が暗く見える状態。

セルフケアでの解決法
悪化防止!脱・思い込みスキンケア
捨てるべき!思い込みNGケア
アイメイクの残りが茶ぐまの原因!残さないようコットンで念入りに拭き取る
新陳代謝を高めるために、強めの目元マッサージが日課
黒クマ
黒クマ

黒クマの正体は「影」。加齢によって下まぶたの皮膚と筋肉のゆるみによって、眼窩脂肪(目の下の脂肪)が前に押し出され、影ができてクマのように見えます。そのため、影クマやたるみクマと呼ばれることがあります。

セルフケアでの解決法
難しい黒クマは、クリニックの施術を!
クリニックでの解決法
青クマ
テノール
高周波で血液とリンパを巡らす

熱の力で肌の深部を温めて、血流・リンパの流れを促進し、血行不良が原因となる青クマを解消。
コラーゲン生成促進によりハリも手に入ります。
・ほほ(目の下含む)初回限定…………12,960円

茶クマ
タカミ式メソフェイシャル
特殊技術で美白成分を肌に入れ込む

ビタミンC誘導体など、できてしまったメラニン色素を薄くする還元作用と、新たなメラニンをつくらない抑制作用のある美白成分を肌の深部に導入。茶クマを改善しながら、顔全体のトーンアップが叶います。
・顔全体+首 初回限定…………15,000円

黒クマ

ほうれい線と並び、お悩みが多い箇所である「クマ」。7万人の症例実績を有する院長 高見による独自のヒアルロン酸注入法で、ふっくらと光をきれいに反射できる目元へ改善します。

施術前
施術後

・目の下のクマ…………129,600円~


※ 当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。