Medical Beauty News

秋の肌トラブル「しわ編」

深まりゆく秋とともに、
みるみる増える“目元のしわ”

夏に浴び続けた紫外線。たとえ肌表面の日焼けが落ち着いていても、紫外線ダメージは真皮にまでしっかり届き、線維芽細胞を傷つけています。
さらにエアコンによる乾燥や冷えが加わることで、肌の乾燥やハリの低下が進行。
夏に受けたさまざまなダメージが時間差で秋に”しわ”となって肌に現れてしまいます。

特に目元のしわが増えるのはなぜ?

もともと皮膚が薄く皮脂が少ない目周りは、トラブルが顕著に出やすい場所。
そのため、秋は“目元のちりめんじわが増えた”、“目尻のしわが深くなった気がする”という目元のしわのお悩みが増える季節でもあります。
実年齢よりも老けて見せる目元のしわは深まりゆく秋とともに深く刻まれないためにも、秋のうちにリセットすることが必要です。

目元のしわを招く夏のNG週間
  • 暑さに負けて
    1日中エアコンつけっぱなし

    エアコンは思っている以上に肌から水分を奪います。仕事中、就寝中と一日エアコンの効いた部屋で過ごしたことで、“肌の砂漠化”が進行しています。

  • 皮脂・汗対策に
    しっかり洗顔を1日3日以上

    必要以上に力を入れてのゴシゴシ洗顔、一日何回も洗顔していた人は要注意。肌の炎症や乾燥が進みしわをつくりやすい肌状態になっている可能性が。

  • “うっかり日焼け”
    数回繰り返してしまった

    うっかり日焼けを繰り返した人は要注意。紫外線ダメージをにより、肌の弾力低下が起こり、しわが定着しやすくなっています。

しわ対策3つの心得
深刻化STOP!見ざる・擦らざる・ケチらざる

目周りにダメージを与える行為を、とことん避ける!

見ざる・擦らざる・ケチらざる
しわの種類と原因
ちりめんじわ
ちりめんじわ

目の下や目尻に見られる表皮にできる小さく細かいしわ。乾燥やハリ低下が進行すると、さらに深く目立つようになる。
【原因】乾燥による表皮のうるおい不足

セルフケアでの解決法
①セラミドケア ②専用アイテム
①セラミドケアで急速保湿

乾燥させないよう、家では保湿ケアを徹底。セラミドケアで、肌の水分保持に関わる「細胞間脂質」のバランスの乱れを急速に整え、乾燥した肌にうるおいを。

②目元専用アイテムでうるおいを留める

目元は皮脂腺が少ないため、油分が足りず水分が逃げてしまいがち。アイクリームなど専用アイテムを使用して、必要な油分を補うことが大切。

目尻のしわ(表情じわ)
目尻のしわ(表情じわ)

笑うなど表情筋を動かした時にできるしわ。皮膚に弾力があればしわが残らないが、肌の弾力が低下すると次第に固定され、しわが刻まれたまま元に戻らなくなってしまう。
【原因】加齢や紫外線ダメージによる肌の弾力低下

セルフケアでの解決法
“意識ボトックス”を心がける

目尻のしわは笑う時の表情が主な原因。毎日たった数分の「笑い方の癖」で確実にシワが定着します。鏡を見ながら、しわが深く入らない笑い顔を見つけ実践。目尻のしわを定着させない「意識ボトックス」の習慣を身に付けることが大切。

クリニックでの解決法
ちりめんじわ
水光注射
保湿成分を肌に入れ込む

皮膚の表皮のすぐ下の真皮の浅い層へ、専用のマシンを使用し、ヒアルロン酸、アミノ酸、抗酸化成分を配合した美肌効果の高い薬剤を肌にダイレクトに注入。真皮コラーゲン密度を高め、内側から潤い・ハリ・弾力・透明感のある若々しいお肌に改善します。
・全顔(200ショット)初回限定………43,000円

目尻のしわ
シワの出現を止めて定着を防ぐ

ボトックスは筋肉と神経の結合部に作用し、局所的に筋肉の動きを弱めることで、筋肉の収縮を抑制します。ボトックスを注入し筋肉のバランスをコントロールをすることで、表情じわを軽減します。

施術前
施術後

思いっきり目をつぶっても、目尻のしわが出現しなくなりました。

・目尻(両側)………54,000円

※ 当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。