秋の肌トラブル「ニキビ・ニキビ跡編」 | 美容皮膚科夕カミクリニック(東京 表参道)

Medical Beauty News

秋の肌トラブル「ニキビ・ニキビ跡編」

秋は大人ニキビができやすく
長引きやすい要注意季節

夏が終わればニキビから解放されると思っていたのに、なんだかニキビが目立つ秋。秋の始まりと終わりでは外的環境が急変化するため、ニキビのできる原因や肌状態が異なります。
初秋にみられる"アフターサマーにきび"、晩秋にみられる"秋ニキビ"の2つの段階を経るため、秋はニキビができやすく長引きやすい傾向にあります。
涼しくなってきたからと気を抜かず、秋こそニキビに注意すべき季節です。

ニキビ・ニキビ跡の混在で、ニキビが目立つと感じる季節

秋は夏の紫外線が原因でニキビ跡が目立つ季節。ニキビとニキビ跡が混在することもニキビが目立つと感じる理由に。
治りにくく、繰り返しやすい上、夏にできたニキビ跡も絡んでくる秋こそ専門医による治療を。

秋に起こる2段階のニキビ
初秋にみられる、
アフターサマーにきびの主な原因
①紫外線による角質肥厚

紫外線から肌内部を守ろうと防衛本能が働き、角質肥厚が起こります。角質肥厚により、毛穴が塞がり、毛穴に皮脂が溜まることで、アクネ菌が繁殖しやすい環境へ。

②肌バテによる肌機能低下

夏を過ごした肌は紫外線ダメージが蓄積され「肌バテ」状態に。肌機能とともに、免疫力も低下しているため、ニキビができやすく、治りにくくなっています。

晩秋にみられる、秋ニキビの主な原因
①気温・湿度の低下による外気の乾燥

肌の水分が奪われ肌が乾燥します。乾燥している肌は角質が硬く厚くなるため、毛穴がつまりニキビができやすい環境に。

②乾燥によるバリア機能低下

バリア機能が低下した肌は、外的刺激を受けやすいため、ニキビが治りにくくなっています。

秋ニキビQ&A
Q.秋ニキビができやすい部位は?
A. 乾燥しやすい口周りに要注意

口周りは目周りと同様、皮脂腺が少なく、乾燥しやすいパーツ。乾燥が原因となる秋ニキビができやすい場所です。

Q.ニキビ跡が増えるのはなぜ?
A. 夏に浴びた紫外線が原因

ニキビの炎症部位が紫外線にさらされると、メラニンの合成が促進されるため、ニキビ跡(色素沈着)が残りやすくなります。

Q.クリームを塗ってもOK?
A. 乾燥が気になるなら乳液を

肌の乾燥は秋ニキビの原因に。とはいえ過剰な油はニキビ悪化に繋がることも。乾燥が気になる人は乳液を。

Q.季節の変わり目、同じ場所にニキビができるのはなぜ?
A. 一時的に落ちついただけで、完治していない場合も

同じ場所ばかりにニキビができる=ニキビが完治していないことも。
季節の変わり目は、免疫力が低下して、完治していないニキビがぶり返しがち。同じ場所に繰り返しできるニキビで悩んでいる人はニキビの根本治療を。

クリニックでの解決法
繰り返す炎症ニキビを根本からアプローチする新施術!

繰り返し同じ場所にできるニキビは、皮脂腺から出る過剰な皮脂が原因となっています。“皮脂の過剰分泌がなければ、ニキビはできない”という発想から生まれた新施術です。

皮脂腺
ニキビの原因となる「皮脂腺」を断つ!

部分絶縁された微細針を用いて、ニキビ1つ1つに直接高周波(RF)エネルギーを照射し、ニキビの原因となる皮脂腺のみを直接破壊し炎症を鎮静させます。
皮脂腺自体を再生不能にすることで、皮脂の過剰分泌が抑制でき、繰り返す炎症ニキビを再発させません。

・フェイスライン(10個以内)………43,200円
・両ほほ(20個以内)………79,920円

3つの特徴
①再発させない

ニキビの原因となる皮脂腺自体を破壊するため、処置した箇所からはニキビが再発しません。

②ニキビ跡を最小限に抑える

ニキビ跡の原因となる炎症ニキビを早期根本治療することで、ニキビ跡を最小限に抑えます。

③安全かつ効果的な治療法

針上部を絶縁した微細絶縁針を使用。表皮表面の火傷のリスクなく、皮脂腺のみを直接破壊します。

タカミ式メソフェイシャル
シミのように残るニキビ跡(色素沈着)を改善!

ニキビ跡の色素沈着を軽減するビタミンC誘導体などの美白成分、ハリ・弾力・保湿力アップに効果のある成分を肌の深部に導入。ニキビ跡(色素沈着)を改善しながら、乾燥しにくい肌に導きます。

・顔全体+首 初回限定………15,000円


※ 当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。