夏の肌トラブル「ニキビ編」 | 美容皮膚科夕カミクリニック(東京 表参道)

Medical Beauty News

夏の肌トラブル「ニキビ編」

夏ニキビ回避のポイントは“毛穴環境”

気温湿度ともに一年で一番高くなる夏。
ニキビ発生に皮脂が絡んでいることは周知の事実。しかし、皮脂が多いのにニキビが出来ない人も、乾燥しているのにニキビを繰り返している人もいるのはなぜ?
それは、アクネ菌が好む毛穴環境が関係しています。

アクネ菌が好む毛穴環境って?

アクネ菌は、①空気のない閉鎖空間 ②エサとなる皮脂がある“ふさがれた毛穴”を好み繁殖することでニキビが発生します。

夏ニキビを回避するために目指すべきは?

アクネ菌を繁殖させないためにも、ニキビの原因となる皮脂分泌が増える夏は“毛穴をふさがない”ケアをすることが有効的。紫外線による角質肥厚、夏特有のメイクアイテム、間違ったスキンケアによって毛穴がつまりやすい環境が揃いやすい夏は、“風通しのより毛穴”を目指しましょう。

毛穴環境を悪化させる4つの原因
① 高温多湿による皮脂の増加

アクネ菌のエサとなる皮脂量が増える。

② 紫外線による角質肥厚

紫外線から肌内部を守るため防衛本能が働き角質が厚くなり、毛穴を塞ぐことで皮脂の排出がされにくくなる。

③ 夏特有のメイク

汗崩れに強い日焼け止めや下地など肌への密着性に優れたアイテムの使用により、毛穴に汚れが残りやすくなる。

④ 夏の間違ったスキンケア

過剰な洗浄で、皮膚に必要な皮脂まで落としてしまうことで、逆に皮脂分泌を誘発してしまう。

夏のニキビができる過程
角質肥厚
① 角質肥厚

紫外線、ホルモンの乱れ、間違ったお手入れなどによりターンオーバーが乱れ、毛穴周りの角質が厚くなる。

毛穴の入口がふさがる
② 毛穴の入口がふさがる

さらに密着性に優れた夏特有のアイテム(日焼け止め、崩れにくい下地)の洗い残しにより毛穴がふさがる。

毛穴内に皮脂がたまる(白ニキビ)
③ 毛穴内に皮脂がたまる(白ニキビ)

毛穴がふさがり、皮脂がスムーズに排出さず毛穴に皮脂がつまる。皮脂が盛り上がって白く見える状態。

アクネ菌が繁殖し、炎症が起きる
④ アクネ菌が繁殖し、炎症が起きる(赤ニキビ)

毛穴に溜まった皮脂を栄養分としてアクネ菌が繁殖して炎症が起き、赤く腫れている状態。潰すとニキビ跡に。

スキンケア見直し術
ニキビ回避“風通しのよい毛穴”をつくる
落とすケアを見直す

夏に陥りがちな“しっかり洗顔”をやめる
肌に摩擦を与えにくいゲルタイプのクレンジングや濃密泡ができる洗顔料に切替え、肌に刺激や摩擦を与えない“肌にやさしい洗顔”を。乾燥や摩擦の分だけ角質が厚くなり毛穴をふさぐと心得て。

ニキビ専用処方に切替え

“さっぱりなのにしっとり潤う”バランス保湿
乾燥しているのにニキビが出来る…そんな大人ニキビの肌状態を研究して開発された化粧品に切換えて、ベタつかずにしっかり潤う“夏保湿”で理想的な皮脂膜へ。

どれがいい!?ライン選びのポイント!
  • ニキビで悩む肌を考えたモイスチャーバランス
  • 低刺激処方(無鉱物油・無香料・無着色・アルコールフリー)
  • 抗炎症剤・バリア機能修復成分配合
  • べたつかないテクスチャー
タカミクリニック院内処方コスメ
ニキビ・毛穴・皮脂トラブルに悩む方特有の肌状態を考慮した専用処方
  • ニキビ、毛穴、皮脂トラブルに悩む方に
    ぴったりのモイスチャーバランス
  • 治療サポート設計、低刺激処方
  • 抗炎症成分&バリア機能修復成分を配合
  • しっとりなのにさっぱり、心地よく使えるテクスチャー
  • 治す+美しくを叶える美容皮膚科発想

※2016年1月より処方開始
※購入時、要診察。タカミクリニック院内のみで取り扱い

クリニックでの解決法
悪化しやすく、ニキビ跡になりやすい「夏ニキビ」は専門外来でキレイに治す!
タカミ式ニキビ治療

「オリジナル治療薬」「院内施術」「院内処方コスメ」を用いた三位一体のトータル治療により、今あるニキビを治すだけでなく、ニキビ跡を残さない、さらにはニキビを繰り返さない肌質へと根本改善。

クリニックでの施術
タカミ式LED治療

光の力でアクネ菌の殺菌、炎症抑制、ターンオーバー促進など行う。

・青色:1回…………5,400円

タカミ式イオン導入

男性ホルモン抑制剤やその他の薬剤を症状に合わせて配合したオリジナル導入剤を使用します。微弱電流で美容医療成分を肌の真皮層まで浸透させ、肌の奥深くから肌質を改善します。

・ビタミンCイオン導入:顔全体+首 1回…………5,400円
・ビタミンCEイオン導入:顔全体+首 1回…………10,800円

治療薬による自宅ケア
独自開発の治療薬

一刻も早くニキビを治す「効果」と、患者様が求める「使いやすさ」を両立したオリジナル治療薬。患者様の症状に合わせて様々なオリジナル治療薬をご用意。自宅で本格的な治療が行えます。

夏はボディのニキビにも要注意!

背中やデコルテは皮脂分泌も多く、汗腺も豊富で汗をかきやすいため、高温多湿となる日本の夏はボディのニキビも多発します。ボディは顔と違ってこまめに洗浄したり、清潔に保つのが難しい場所に加え、衣服などの摩擦が刺激となり、顔以上にニキビが悪化しやすく治りにくい傾向にあります。

背中のニキビ、実はカビ!?

背中のニキビが長引く場合、カビが原因の場合が。細菌感染のニキビと真菌感染のマラセチア毛包炎は、症状が似ていても治療法はことなるためクリニックで診察を。


※ 当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。