Medical Beauty News

夏の肌トラブル「シミ編」

シミをよせつけない、夏本番・予防対策ケア

紫外線トラブルの代表“シミ”。
今年こそ後悔したくないなら夏のケアをあなどらないことが大切。この夏の過ごし方で、シミの無い肌を守り切れるかが決まります。

日焼け=紫外線量のバロメーターってホント?

私たちの肌には紫外線に対する防衛本能が備わっています。それがメラニン色素であり、日焼けの正体。紫外線に対してどれだけ無防備だったかが目に見えて分かるのが日焼けなのです。

シミを作らないために注意すべきことは何?

気が付けばいつの間にか焼けている“うっかり日焼け”こそ注意が必要。紫外線ダメージは、秋や数年後のお肌に必ず現れてきます。 “ちょっと”が命取りとなるうっかり日焼けを防ぎ、シミを作らないケアをすることが必要です。

“シミが出来るメカニズム

角化細胞から「メラニン生成」を
指令する情報伝達物質が出る

指令を受けて、メラノサイトの中で
メラニンが生成される。

代謝によりメラニンが排出。
排出しきれないと“シミ”に

生成されたメラニンが
角化細胞に送られる

“うっかり日焼け”を招くNG行動

紫外線対策のためにしっかり日焼け止めを塗っているつもりでも、意外な盲点は多いもの。うっかり日焼けを招く、うっかり行動を再認識。

室内だから、ちょっとだから…UVケアなし

「家の中にいれば安心」「数分だけだから」は大間違い。UV-A派は窓ガラスをすり抜け室内にはいってきます。室内にいても、短い時間でも少しの時間が命取り。

UVカット効果のあるパウダーファンデのみ

それだけに頼らず、きちんと日焼け止めを。日焼け止めを塗ったうえで、UVカット効果のあるファンデーションを併用することで、効果的な紫外線対策が出来ます。

SPF値が高い日焼け止めだから、塗り直しはしない

通勤や外出、室内でも汗をかく夏。汗や皮脂によって日焼け止めが落ちてしまい効果が半減することも。高いSPF値の日焼け止めでも塗り直しは必要です。

シミ防止の基本ケア
UVケア

肌への負担を最小限に抑えつつ、紫外線から肌を守るためには、日常使い、レジャーなど、シーン別のUVケアを。

生活スタイルに合った日焼け止め

SPF35 PA++
毎日使うものなので、肌に優しい処方、専用クレンジング無しで落とせるものを。

SPF40以上 PA++以上
ウォータープルーフで落ちにくい処方、耐水テストの結果が表示されているものを。

ビタミンCケア

万能成分ビタミンCを毎日のスキンケアに取り入れて。ビタミンCは壊れやすいので、ビタミンC誘導体配合のクリニック処方のアイテムを選ぶ事が重要。

“ビタミンC”の効果
  • メラニンを作らない
  • 肌にツヤを与える
  • 出来てしまったメラニンを還元
  • シミやたるみも防ぐ
クリニックでの解決法
セルフケアに限界サインを感じたら、専門外来で早めのレスキュー治療を!
タカミ式シミ治療

しっかりケアしていても、想像以上に紫外線ダメージはうけているもの。「スキンケアの手応えが悪い」「強い紫外線を長時間浴びた」など、“これはマズイかも”と感じたらクリニックへ。

スキンケアの手応えが悪い時
タカミ式メソフェイシャル

肌が疲れている、スキンケアの手応えを感じなくなった…。
それは、肌機能が低下しているサイン。紫外線によって日々失われる保湿因子やビタミン、アミノ酸を肌深部に急速補給。傷ついた肌細胞を修復し早期回復を図ります。

・タカミ式メソフェイシャル 顔全体+首 初回限定………15,000円

強い紫外線を長時間浴びた時
スーパービタミンC点滴

緊急時は内側からのケアも必要。10,000mgもの超高濃度のビタミンCを静脈から直接体内に取り入れることで、体の機能を整え美白、美肌などの効果に加え、疲労回復や免疫力アップ効果で紫外線ダメージを急速に回復

・スーパービタミンC点滴 1回…………19,440円

※ 当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。