夏の肌トラブル「くすみ編」 | 美容皮膚科夕カミクリニック(東京 表参道)

Medical Beauty News

夏の肌トラブル「くすみ編」

実は厄介な“夏ぐすみ”
透明肌を阻むくすみ解消法

顔全体がどんより暗くなり、透明肌から遠ざけるくすみは、“疲れていそう”“乱れた生活をしてそう”などの印象を抱かせてしまうため、美人度を下げると言われています。
早急にくすみを改善するためにも、自分の肌に発生しているくすみの種類を知り、そのくすみにあったケアをすることが必要です。

夏ぐすみは長引きやすいってホント?

夏ぐすみは紫外線だけでなく、肌の乾燥、血行不良、肌機能低下など多数の要因が重なって発生しています。その上、夏は肌機能だけでなく、体力も低下しがち。睡眠不足や溜まった疲れも影響して、夏ぐすみは悪化しやすく長引きやすいのです。

原因別!くすみ対処法 私はどのくすみトラブル?
角質肥厚くすみタイプ
「角質ケア」でターンオーバーの乱れを整える
こんな人は要注意!
  • メイク落としシートを愛用
  • 生活リズムが乱れがち
  • ストレスが多い

肌の特徴
グレー色にくすみ、ゴワついている。

原因
肌の生まれ変わりのリズムであるターンオーバーが乱れ、肌表面に不要な角質が溜まっている。

改善ケア
角質ケアで肌の生まれ変わりをスムーズに。

乾燥くすみタイプ
セラミドでバリア機能を改善
こんな人は要注意!
  • さっぱりケアが基本
  • 常にエアコンが効いている
  • 外食が多い

肌の特徴
肌表面がカサついている。

原因
お手入れ不足や過剰な洗顔などにより乾燥が進み、バリア機能が低下している。

改善ケア
高濃度のセラミド配合化粧品でバリア機能回復ケアを。

メラニンくすみタイプ
ビタミンCで美白ケア
こんな人は要注意!
  • UVケアをさぼりがち
  • ゴシゴシ洗顔を好む
  • 睡眠不足

肌の特徴
顔全体が茶色くくすんでいる。

原因
紫外線や摩擦などによってメラニンが増加。

改善ケア
ビタミンCケアで、「出来てしまったメラニンを還元」&「新たなシミをつくらない」

血行不良くすみタイプ
生活習慣を変えて血行促進
こんな人は要注意!
  • 夏でも冷えがひどい
  • 湯船に入らずシャワーのみ
  • 運動不足

肌の特徴
顔色が悪く青グレーっぽい。

原因
冷えや運動不足などで血行が悪くなり、肌の透明度が低下している。

改善ケア
湯船につかる、寝る前にストレッチをして、冷え改善&血流アップを。

クリニックでの解決法

透明度を下げる“くすみ”。厄介な夏ぐすみを一気に改善するなら、今すぐにクリニックで緊急ケアを。

一度でくすみを改善できる最強美白施術
テノール+タカミ式メソフェイシャル

①肌の深部を温めて血行促進、代謝促進し、血行不良ぐすみを改善。
②紫外線ダメージにより日々失われる保湿因子やビタミンなどの美容成分を肌深部に急速補充。乾燥、メラニン、角質肥厚によるくすみを一気に解消。

・テノール:顔全体+首 初回限定…………25,920円
・タカミ式メソフェイシャル:顔全体+首 初回限定…………15,000円

くすみを招く、NG習慣
冷たいものを過剰摂取

暑いからと言って、冷たい飲み物や食べ物ばかり摂るのはNG。冷たい食べ物は血行不良を招きくすみの原因に。せめて常温の飲み物で我慢しましょう。

強めのパッティングで化粧水を浸透

パッティングは「ケアしている感」がありますが、強すぎるパッティングは摩擦や炎症を起こし、くすみの原因に。

リゾート用の日焼け止めを毎日使用

耐水性抜群の日焼け止めを落とすためのゴシゴシ洗顔は、くすみ悪化の原因に。日常生活では落としやすさを考えた日焼け止めの使用を。

くすみの原因「角質肥厚」をゴマージュでケア

ゴマージュケアは摩擦によりくすみが悪化するため絶対に避けて。くすみ改善に角質ケアは必須ですが、摩擦を与えないアイテムをセレクト。


※ 当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。