Medical Beauty News

春の肌トラブル

トラブル多発!春を制する者は1年美肌!

ニキビ、毛穴、ゆらぎ…春は肌トラブルの多発時期。1年美肌で過ごすためにも、春のうちにトラブル改善&予防の万全ケアを行い、肌状態を安定させておくことが必要になります。

なぜ春は肌トラブルが多発するの?

冬の間、寒さと乾きと戦ってきた春の肌は、冷えや乾燥によるダメージでバリア機能が低下し、肌が敏感な状態に。そこに花粉やホコリ、気温の上昇、紫外線量の増加など、春特有の外的要因が加わることで、肌トラブルを引き起こしやすくなっています。

春の肌トラブルのしくみ

バリア機能低下、ストレス、花粉、紫外線…肌に降りかかる刺激によって、肌トラブルが悪化しやすく長引く“負のスパイラル”が引き起こされます。

4つの春のダメージ
花粉やホコリ
花粉やホコリ

春特有の強い風にのって、花粉やホコリ、PM2.5など肌刺激物質が飛散。ゆらぎの原因に。

空気の乾燥と気温差
空気の乾燥と気温差

冬ダメージ、昼夜の気温差、毎日の気温差により、肌が乾燥しダメージを受けやすい状態。

紫外線の増加
紫外線の増加

日差しが弱く感じる春。しかし3~4月頃から紫外線量が増加。肌トラブルが起こりやすくなる。

新生活によるストレス
新生活によるストレス

入学や就職など、春は新しいスタートを切る季節。そのため、ストレスを感じやすく肌トラブルに。

春に訪れる3大トラブル
ニキビができる
ニキビができる

バリア機能低下、新生活によるストレスなどニキビができやすい環境が揃う春。

毛穴が目立つ
毛穴が目立つ

気温の上昇とともに皮脂が増えことに加え、花粉やホコリなどにより毛穴に汚れがつまる

肌のゆらぎ
肌のゆらぎ

放っておくと様々な肌トラブルに発展して取り返しのつかないことに。ゆらぎサインを見逃さず早めの対策を。

春にすべき2 大ケア

バリア機能が低下し、不安定な肌状態に陥る春こそ、的確な対策で早期トラブル改善&今から始めるUV・紫外線対策“夏の下ごしらえ”の予防ケアを行うことが必須。

あなたはいくつ当てはまる?

「バリア機能低下」注意報チェック項目
  • 肌荒れを繰り返す
  • 化粧水はコットンでパッティングしている
  • いつも使っている化粧品がしみる
  • 洗顔時は熱いお湯を使う
  • 肌に赤みや痒みが出ている
  • 睡眠時間が6時間未満
  • 皮膚のカサつき、粉をふいたようになる
  • エアコンの効いた環境で長時間過ごしている
  • 季節の変わり目に肌トラブルを起こしやすい
  • ストレスを感じやすい
  • メイク落としは拭き取り派
  • UVケアをしていない
3つ以上当てはまる人は要注意。
「バリア機能低下」の可能性が!
あなたの肌トラブルはどれ?
※ 当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。