春の肌トラブル「ゆらぎ・敏感編」 | 美容皮膚科夕カミクリニック(東京 表参道)

Medical Beauty News

春の肌トラブル「ゆらぎ・敏感編」

乾燥・花粉・紫外線
トラブルのもとが多く揃う季節。

急激な気温の変化による自律神経の乱れ、紫外線や花粉などの肌への刺激、さらに入学や就職の環境変化によるストレスなど、春はゆらぎの原因が多く揃います。

ゆらぎ肌ってどんな状態?どんな症状が出るの?

“ゆらぎ肌”とは、季節の変わり目に起こる急激な気候の変化や環境変化に伴って、一時的に肌が敏感になっている状態のこと。ちょっとした外部刺激でも微炎症を起こしやすく赤みやかゆみ、さらにはニキビなどの肌トラブルを抱えやすくなります。

一体どうケアすればいいの?

肌が弱ってバリア機能が低下し不安定な状態のため、①バリア機能回復ケア、②新たな刺激を与えないケア、③紫外線から守るケアを。春のゆらぎは放っておくと症状が悪化して取り返しのつかないことに。ゆらぎのサインを見逃す、早めの対策をすることが必要です。

グラフで見る!春の湿度と寒暖差

春は冬と変わらぬ湿度の低さに加え、1日ごとの寒暖差が激しいため、肌がゆらぎやすい環境となります。

春の湿度と寒暖差
バリア機能の動き
バリア機能の動き
バリア機能回復の必須条件
バリア機能回復の必須条件

ゆらぎ Q&A

Q.ゆらぎ肌って何ですか?
A.一時的に肌が敏感になっている状態。

医学的に明確な定義はありませんが、季節の変わり目など、急な気候の変化や環境変化に伴って、一時的に肌が敏感に反応する状態のこと。

Q.花粉とゆらぎって関係あるの?
A.花粉によって肌がゆらぐことも。

鼻水・目の痒み以外に肌への影響。花粉が肌につくとその部分にアレルギー反応が起こり痒みや赤みが出るなど肌がゆらぎやすくなります。

Q.肌がゆらいでいる時は自然派コスメを使うべき?
A.自然派=刺激がないとも限りません。

自然派とはいえ、成分によっては肌に合わず赤みや痒みが出ることも。肌がゆらいでいる時は自然派よりも敏感肌用を選びましょう。

Q.肌がゆらいでいる時はあまり洗顔しないほうがいい?
A.洗顔しないほうが肌に悪影響を与えることも。

花粉やホコリなどが肌に付着したままでは刺激となるため、きちんと洗顔で汚れを落とすことが大切です。

ゆらぎを立て直す3対策

STEP1
バリア機能回復

ゆらぎの原因バリア機能低下を緊急回復。バリア機能構成必須成分セラミドを補給し刺激に負けない肌に立て直す回復ケアを。

STEP2
負担をかけない

肌がゆらぐ季節は、肌への負担という観点でのスキンケアを。摩擦、強い成分、過剰なスキンケアなどは避けシンプルケアを。

STEP3
紫外線から守る

紫外線ダメージを受けやすくなる肌のゆらぎ。春は紫外線量が増えるため、しっかりとUV対策をはじめ紫外線から守るケアを。

あなたはいくつ当てはまる?

「ゆらぎ、敏感」注意報チェック項目
  • 肌の乾燥が著しくかゆみを感じる
  • 喘息やアトピー性皮膚炎が昔あった
  • 洗顔後つっぱるだけでなくピリピリと刺激を感じる
  • いつも使っている化粧品でも合わないと感じる時がある
  • 吹き出物ができやすい
  • 季節の変わり目は特に肌荒れしやすい
  • 日光を浴びると赤み、かゆみが出る
1つでも当てはまるなら即対策!

今すぐ解決するならクリニック!

バリア機能低下を急速回復!
肌深部から潤おす「タカミ式メソフェイシャル
肌深部から潤おす「タカミ式メソフェイシャル」

乾燥により失われた保湿因子やビタミン、アミノ酸を肌の深部まで急速補給し、傷ついた肌細胞を修復。バリア機能の低下を細胞レベルで回復させます。

・タカミ式メソフェイシャル 顔全体+首 初回・・・・・・・・15,000円

保湿・バリア機能を強化するオプション導入剤「リピジュア」
・顔全体+首・・・・・・・・2,910円


※ 当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。