Medical Beauty News

春の肌トラブル「UV・美肌編」

春からはじめる賢いUV&美白ケア

肌老化の約8割を占める紫外線ダメージ。うっかり日焼けの積み重ねが一生の後悔にならないためにも、紫外線量が急増する春から本格ケアを始めてこそ意味があります。

美肌の大敵、紫外線との上手な付き合い方

シミ、しわ、たるみ…すべての元凶とも言える紫外線ダメージ。紫外線と上手に付き合うためには、①紫外線の基礎知識をきちんと知る、②紫外線から肌を守るケアをしっかり行う、③浴びてしまったあとの改善ケアを行うことが必要になります。

紫外線の基礎知識

UV-AとUV-Bの違いを知る!
バリア機能の動き
メラニンの役割を知る!

肌には、紫外線に対する防御機能が備わっています。紫外線を浴びると基底層のメラノサイトがメラニン色素を産生し「傘」のような役割をし、紫外線から表皮細胞を守ります。

春から始める“防御+改善”紫外線ケア

紫外線量が増える春は、うっかり日焼けが怖い季節。紫外線から肌を守るケアと、改善ケアを開始しましょう

防御:日焼け止めで肌を守る
バリア機能の動き
使用量を守る

使用量が少ないと効果が低くなるため、メーカー推奨量をきちんと守る。

重ねづけでムラなく

少量ずつ均一になるように2~3回重ね塗り。

塗り忘れをしない

眉間や生え際、耳の後ろや襟足などの塗り忘れに注意。

必ず塗り直す

2~3時間おきに1回は必ず塗り直しを。

UV-AとUV-Bの肌へのダメージ
改善:紫外線ダメージなかったことに
①ビタミンCでメラニン生成&還元

メラニン生成抑制の“予防美白”、できてしまったメラニンを還元する“改善美白”ができる万能成分ビタミンCで美白ケア開始。

②角質ケアでダメージを排出

紫外線ダメージ排出の基本、角質ケア。ターンオーバーのサイクルを整えて紫外線ダメージをスムーズに排出できる肌環境に整える。

“うっかり日焼け”を招くNG 行動

室内だから、ちょっとだから…UVケアなし

「家の中にいれば安心」「数分だけだから」は大間違い。UV-A派は窓ガラスをすり抜け室内に入ってきます。室内にいても、短い時間でも少しの時間が命取り。

UVカット効果のあるパウダーファンデのみ

きちんと日焼け止めを塗った上で、UVカット効果のあるファンデーションを併用することで、効果的な紫外線対策ができます。

SPF値が高い日焼け止めだから、塗り直しはしない

通勤や外出、室内でも汗をかく夏。汗や皮脂によって日焼け止めが落ちてしまうことも。高いSPF値でも塗り直しは必要です。

今すぐ解決するならクリニック!

美白合宿・日焼け予防3日間コース

日焼け止めを塗っても日焼けしてしまうその前に。バカンスやレジャーが決まったら事前の"予防医療"を。紫外線に負けない肌の土台をつくります。

美白合宿・日焼け予防3日間コース・・・109,000円

・タカミ式メソフェイシャル(顔全体+首) 1回
・スーパービタミンC点滴 3回
※自宅ケアとして、美白内服セット、SRSマスク、ヘリオケア、UVプロテクト,APSローション付。

美白合宿・日焼け回復3日間コース

今年こそシミを作らない、濃くさせない!
受けてしまった紫外線ダメージはクリニックの集中治療で緊急リセット

美白合宿・日焼け回復3日間コース・・・93,400円

・タカミ式ビタミンCEイオン導入(顔全体+首) 3回
・スーパービタミンC点滴 2回
※自宅ケアとして、美白内服セット、SRSマスク、プロテクト,APSローション付。

※ 当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。