Medical Beauty News

夏の悩みにSOS「ニオイ編」

ワキ・頭皮・足…
今年こそ本気のニオイ対策!

汗の基礎知識

ニオイ発生のメカニズム
ニオイ発生のメカニズム

実は汗自体ニオイはありません。汗をかいて湿度の高い状態になることで皮膚の常在菌が活発になり、細菌が繁殖しやすくなります。皮膚の常在菌によって細菌が分解された時や汗の成分が酸化することによってニオイが発生します。これが“汗くさいニオイ”の正体です。

原因の異なる2つの汗

「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2種類の汗腺から汗は出ます。
両方とも汗をかいた直後は無臭ですが特徴が異なります。

原因の異なる2つの汗

今日からできるワキの汗・ニオイ対策

今日からできるワキの汗・ニオイ対策
1日の始まりは抑えるケアを。
制汗剤や機能性インナーでしっかり対策。

ニオイにくくするためにも、朝のケアは重要。塗るタイプの制汗剤は、肌にピッタリ密着するので汗やニオイを抑える効果が高いのが特徴。また、汗をかいても臭わないためにも吸汗性のあるインナーを選びましょう。この朝のひと手間が大切。

汗をこまめに拭き取り、ベタつき&ニオイをケア

通学や通勤は想像以上に汗をかきます。汗をかいたら放置せず、シートタイプの制汗剤を使って拭き取りましょう。ベタつきも改善されるので、バックやデスクに常備するのを忘れずに。

スプレータイプの制汗剤で汗&ニオイを徹底ブロック!

手軽に使えるスプレータイプの制汗剤。香りの効果でリラックス、パウダー効果でさらさら感もあるため、汗&ニオイ防止をしながらリフレッシュ感も味わえるのも特徴。汗&ニオイをリセットして午後を快適に乗り切りましょう。

ニオイの元をやさしく洗浄

1日にかく汗の量は1~1.5リットルと言われています。ニオイの元となる汗を毎晩のバスタイムで落とすことが、ニオイ対策には必要です。たっぷりの泡でやさしく汗を洗い流しましょう。

体の気になるニオイを防ぐ!部位別ケア方法!

体の気になるニオイを防ぐ!部位別ケア方法!

衣類のニオイケアも忘れずに!

ニオイの原因が衣類の場合も。
衣類についた汗や皮脂もしっかりケアして、ニオイを防ぎましょう。

原因 衣類についた汗や皮脂に含まれる成分をエサに菌が繁殖することでニオイが発生。

対策1
衣類の汚れニオイを根こそぎ洗浄

抗菌・消臭効果のある洗剤や柔軟剤で、服に付着した汚れをしっかり落とすことが大切。部屋干し臭にも要注意。

対策2
ミストでリセット

こまめに洗えない衣類には除菌・消臭効果のあるミストでアフターケア。着用時のケアにも使用すると効果アップ。

意外な盲点
タオルのニオイも要注意!

毎回タオルをかえない人はタオルの生乾きのニオイにも注意が必要。体や頭皮をキレイに洗っても、拭き取るタオルが臭くてはせっかくのケアも台無しに。

衣類のニオイケアも忘れずに!

試してみよう!本気の汗ケア!

汗ジミ、ニオイ…エチケット問題まで発展する“あってはならない”夏特有の悩み。汗の分泌をコントロールして、清潔感・清涼感ある快適な夏に。

■両ワキ多汗症ボトックス注射

ワキにボトックス注射を行うことで、汗の分泌をコントロールする神経をブロックし、汗の分泌を抑制する治療です。汗の分泌が減ることで気になるニオイも軽減。一度の注射で3~4ヶ月効果が持続するので、6月頃に行うことでサラサラな夏でワキを過ごすことができます。

・1回・・・・・・・・・129,600円

※ 当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。