Medical Beauty News

冬の悩みにSOS「しわ編」

肌年齢が加速する冬!
シワを増やさない、深めないための対策ケア

シワの基礎知識

シワには大きく分けると3種あり、それぞれ原因や対処法が違います。

  ちりめんじわ

表皮に発生する浅く細かいシワ。真皮まで進行していないため、肌を軽くひっぱると目立たなくなる。
【原因】
乾燥や加齢による潤い不足
【部位】
目の下、目尻、口元など
【発生年齢】
肌老化が始まる20代後半からみられる。


   表情じわ

顔の表情に合せてできるシワ。不機嫌な時、笑った時、怒った時など表情の動きやクセによって現れる。
【原因】
表情のクセ
【部位】
額、眉間、目尻など
【発生年齢】
表情筋が原因のため、年齢に関係なく出現。


   加齢じわ

表情筋の動きと関係なくあるシワ。真皮までシワが刻まれているため、スキンケアだけで消すことは困難。
【原因】
真皮のコラーゲンやエラスチンの減少
【部位】
ほうれい線、口元など
【発生年齢】
深いシワが定着するのは30代後半からみられる。

○○そうに見えるいらないシワ!ケアすべきシワはこれ!



意地悪そう、気難しそうに見える
眉間のシワ

男女問わず悪印象を与えるシワNo.1。女性として柔らかい印象を与えるためにも眉間のシワは絶対に改善しなくてはいけない“いらないシワ”の代表。

セルフケアですべきはこれ!

意識ボトックスで癖改善

ストレスをためない、考えすぎない

カサカサ見える
目元のちりめんじわ

目元は顔の中で印象を左右する重要パーツ。そのため、目元にちりめんじわがあるだけで顔全体がカサカサ乾燥しているように見えてしまいます。

セルフケアですべきはこれ!

シートマスクでうるおい補給

アイクリームで油分を補う




+5歳老けて見える
ほうれい線

あるだけで年齢感がぐっと増すほうれい線。シワの中で必ず悩みにあがる“ほうれい線”は、あるだけで年齢感がぐっと増す出現して欲しくないシワNo.1。

セルフケアですべきはこれ!

エイジングコスメで本格弾力ケア

スマホの使いすぎをやめる

不満気、怒って見える
アゴの梅干しじわ

不満そうに見えるだけでなく、フェイスラインを美しく見せないアゴのシワ。老化や表情の癖が原因ではないため、セルフケアで治すことが難しいシワの1つ。


セルフケアでは改善が難しいため、

クリニックへ相談を!

シワQ&A

Q.20代のほうれい線の悩みが増えているって本当?
A.スマホの普及により若年化傾向に

毎日スマホを見る時間が長い人は注意が必要。長時間下を向いていることで、顔の肉が重力によって垂れ下がっている状態が続き、ほうれい線の発生を早める原因になります。

Q.シワ予防のために必要なことは?
A.①つくらない、②定着させない

エイジングサインとなるちりめんじわが現れたら本格ケア開始。保湿を念入りにする、エイジングコスメを投入する、スキンケアを見直すなど早急に対策することが必要です。

Q.どうして冬はシワが増加するの?
A.冷えと乾燥が原因に

冷たい外気、暖房による乾燥など、常に冷えと乾燥と隣り合わせになる冬。血行不良、肌の乾燥により真皮の弾力低下が起こるとシワが増えやすくなります。

今すぐ解決するならクリニック!

「眉間のシワ」や「アゴの梅干しじわ」にはこれ!
「ボトックス注射」

筋肉と神経の結合部に作用させ、局所的に筋肉の動きを弱めることでシワを出来にくくする治療法。表情の動きにより現れる眉間やアゴの梅干しじわを改善します。

・アゴ 1回・・・54,000円
・眉間 1回・・・54,000円

深く刻まれた「ほうれい線」にはこれ!
「タカミ式ヒアルロン酸注入」

生体内に存在している成分ヒアルロン酸を注入し、シワの改善や輪郭形成などを行う治療法。圧倒的な技術力、デザイン力が認められ、世界で初めて「ヒアルロン酸注入顧問指導医」に選ばれた院長の高見が担当します。

・ほうれい線・・・108,000円~

※ 当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。