美容皮膚科タカミクリニックTOP >

ニキビ治療

>

ニキビ遠隔診療(オンライン診療)

>

ニキビ・ニキビ跡の記事一覧

>

おでこのニキビが気になる!跡を残さずにきれいに直す方法はある?

おでこのニキビが気になる!跡を残さずにきれいに直す方法はある?

ある朝、目が覚めたら、おでこにポツンと違和感、ニキビができてガッカリしちゃうことありますよね?おでこから鼻にかかる部分「Tゾーン」は皮脂分泌の盛んな部位で、ニキビや吹き出物ができやすい場所と言われています。特に思春期になると、ホルモンの影響で、皮脂分泌が盛んになるため、ニキビがとてもできやすくなるのです。

今回は、おでこにできるニキビの特徴から、原因と症状、治し方、美容皮膚科での治療方法にいたるまで、詳しくご紹介していきます。

おでこにニキビができやすいその原因とは?

【1】 思春期ニキビは、皮脂分泌の多いTゾーンに出来ることが特徴です。特におでこにできやすく、皮脂の過剰分泌と密接な関係があります。
第2次成長期になると男女問わず男性ホルモンの分泌が高まります。男性ホルモンの分泌が活発になると、皮脂腺が刺激され皮脂が過剰に分泌されます。この過剰に分泌された皮脂がうまく排出されずに、毛穴につまることが原因でニキビが出来ます。思春期ニキビの原因は皮脂分泌過多によるものなので、ピーリング剤や皮脂分泌を抑える外用薬を直接ニキビに塗ってあげることで、より早い改善が期待できます。そのほかにも、クリニック内で行うケミカルピーリングや、イオン導入など美容皮膚科での治療が有効です。

【2】 大人ニキビは、あごなどのフェイスラインに繰り返し出来ることが特徴です。思春期にニキビが出来なかった人でも、20代になって生活環境やライフスタイルの変化で突然できる人もいます。思春期ニキビと形態は全く同じですが、ニキビが出来る原因が違います。思春期ニキビの原因は皮脂分泌過多ですが、大人のおでこにできるニキビの場合は、ホルモンバランスの乱れによる過剰な皮脂分泌だけでなく、肌の乾燥、過度のストレス・睡眠不足などの生活習慣はじめ複数の原因が重なって起こっています。大人のおでこのニキビの対策としては、過剰な男性ホルモンを抑えるために、抗男性ホルモン薬や植物由来女性ホルモン様成分などの外用薬を使用したり、ピルの使用で女性ホルモンを増やす治療が効果的です。その上で、ストレスや生活習慣の乱れを改善するように心がけてください。ストレスを長期間受け続けると、自律神経の働きに悪影響を与えてしまいます。コルチゾールやアドレナリンがストレスに対抗するために分泌されますが、これらが男性ホルモンに刺激を与えてしまうことでも、皮脂分泌を促してしまいます。これを防ぐにはストレスのある環境を改善することや、ストレスの原因となっているものから距離を置くようにすると、心と体のバランスも上手にとることができ、ストレスの軽減につながるようです。

【3】 おでこにできるニキビの原因の一つに食生活の乱れが挙げられます。糖質や動物性の脂肪を摂りすぎた生活を続けていると皮脂の分泌を増やす原因になりますが、あくまで摂りすぎに注意すれば良いのであって、全く摂ってはいけないわけではありません。脂質と糖質を抑え気味にして、ビタミン類をしっかりと摂るようにしましょう。ビタミンB2は皮脂量をコントロールしたり、脂質代謝を促すためにニキビ予防には大切な栄養成分ですので、1日数回に分けてこまめに摂りましょう。卵や納豆、ヨーグルトに多く含まれているので、朝食や昼食時に気軽に取り入れやすいです。ビタミンCは活性酸素を除去してニキビの炎症を抑えます。ビタミンEと一緒に摂取することがおすすめです。また、肌のターンオーバーを改善させるために必要なビタミンAをしっかりと摂るように心がけてください。

【4】 前髪やサイドの髪の毛が顔やおでこにかかることで、常時、皮膚に刺激を与えていることもニキビの原因となります。髪についた汚れやほこりなども付きやすくなってしまいます。髪の毛が顔につかないように結んだり、ピンを使って止めるなど工夫しましょう。また、髪につける整髪料やシャンプー、トリートメント剤の流し残しが、おでこにニキビを作る原因となっている場合もあります。おでこやこめかみ、もみあげなどの顔周りは特に、ニキビができやすい場所です。洗顔の際にはしっかりと洗い流すことを徹底しましょう。

【5】 汗をかいた後の対処にも注意が必要です。運動したとき、暑いとき、焦ったとき、様々な場面でおでこからはたくさんの汗がでます。かいた汗を拭かずにまま放置しておくと、汗がホコリや花粉などの汚れを吸着し毛穴をつまらせ、おでこのニキビを悪化させる原因となってしまいます。汗をかいたら放置せず、拭きとる習慣をつけましょう。ただし、シャツの袖や汚いタオルで拭きとるようなことをしては絶対にいけません。きれいなタオルやハンカチで優しく拭きとる習慣をつけてください。

【6】 生活面では、睡眠不足やストレスを抱えないように、夜はできるだけ12時には寝るようにしましょう。充分な睡眠時間を取れない場合は、スマートフォンは寝る前に極力使わないなど、入眠環境を整えることで眠りの質を高めるようにしましょう。朝は早めに起き、カーテンを開けて朝日をしっかりと身体に浴びるようにする事で、体内時計が整い、ホルモンバランスも整いやすくなります。規則正しい生活を続けていく内に、ホルモンバランスが整うと、徐々に皮脂の分泌量も正常状態に戻ってくるのです。

【7】 喫煙習慣は、身体中の血行を悪くしてしまいます。また、多くの活性酵素を発生させるため、せっかく肌のケアをしてアンチエイジングに力を入れても、その努力が水の泡、なんてことも。タバコの悪影響の方がずっと大きいのです。

おでこニキビ治し方 ~洗顔・スキンケアの仕方~

【洗顔】

洗顔料は弱酸性で肌に優しいものを選びましょう。スクラブ入りなどは逆にニキビを刺激してしまうのでおすすめできません。まずは手を清潔にしてから、洗顔料を使う前に、34~36℃くらいの体温と同じか少し高いくらいの温度のぬるま湯で予洗いをします。この予洗いの時点で汚れの7割程度が落ちると言われており、大事なステップとなります。次に洗顔料を手に取って、よく泡立てます。手で上手く泡立たない場合は、泡立てネットなどを使って泡を作ります。洗顔料を泡立てることで、毛穴の汚れが落ちやすくなったり、肌への摩擦を軽減したりすることができます。洗う順番はおでこ、鼻筋といったTゾーンの皮脂が多いとろからはじめて、口周り・あごといったUゾーン、そしてあごの裏のほうまでしっかり洗いましょう。丁寧に洗顔料を洗い流し、髪の生え際は特に洗い残しの無いようにしっかり流します。おでこは目の周りなど皮膚の薄い部分に比べてついつい雑に扱いがちですが、それではいけません。ふき取る時も肌を擦ったりしないように、優しく水分を吸い取るようにします。

【スキンケア】

肌の乾燥を防ぐために化粧水をたっぷりとつけてから、ゲルや乳液でしっかりと保護ケアを行います。クリームは乾燥する部分にのみ使用するなど、部分使いがおすすめです。ニキビを早く治したい人には、市販の化粧品よりも、美容皮膚科で開発された治療用のスキンケアラインがおすすめです。個人の症状にあったものを紹介してもらえるので、治療効果も発揮されやすいです。

おでこニキビの治し方 ~美容皮膚科へ行こう!~

美容皮膚科での治療には以下のようなものがあります。それぞれ患者様に合った治療を相談して決めています。

【1】ケミカルピーリング

ケミカルピーリングとは、皮膚に酸性の薬剤を塗布して、肌表面の不要な角質を除去する施術です。不要な角質を除去することで、肌のターンオーバーを促してくれるので、ニキビ治療に高い効果を発揮します。比較的費用負担も少なく施術ができるので、人気があります。

【2】イオン導入

イオン導入とは、ビタミンCやEなどの美容成分を肌に塗ったあと、微弱な電流によって美容成分を肌の真皮層まで浸透させる施術です。浸透させる成分は、炎症を鎮静させ肌再生を促す効果の高いビタミンC、活性酸素除去力が高く過酸化脂質を抑制させるビタミンEのなどです。ただ塗るだけよりも約100倍近く肌に浸透させることができるため、ニキビやニキビ跡の改善に加え、美肌にも高い効果があるとされています。

おでこは自分でも気になりやすい部分のため、つい触ったり、つぶしてしまうという方も多いかと思いますが、そうしていると治りが悪くなるだけでなく肌を傷つけニキビ跡を残してしまうリスクがあります。跡を残さないためにも、セルフケアに頼らず、早めに美容皮膚科を受診することをおすすめします。美容皮膚科ではスキンケアの選び方、使い方のアドバイスもしてくれます。

まとめ

今回は思春期ニキビ、大人ニキビを含めて、おでこにできるニキビを改善するにはどうしたらいいのかを紹介しました。ニキビの原因や症状を踏まえて、自分の症状に合った方法で根気よく治すことが大切です。人目が気になるからと前髪でおでこを隠したりするのは逆効果で、髪に付着しているほこりや汚れ、整髪料などで悪化させてしまう原因になりかねません。おでこにニキビができてしまったら、前髪は顔にかからないように上げるかピンで留めて、髪の毛が肌に触れないように気を付けて生活するようにしましょう。セルフケアで改善しない場合は、クリニックを受診することをおすすめします。ニキビ治療を専門におこなっている美容皮膚科の診察なら、間違ったセルフケアも見直せますよ。

〈関東以外の遠方にお住まいの方へ〉
当院では、遠方にお住まいで定期的な通院が困難な方でも、自宅にいながらニキビ治療専門の医師による診察、オリジナル治療薬の処方、スキンケア指導が受けられる「ニキビ遠隔オンライン診療(スマホ通院)」を行っております。

人気の記事Popular article