治療のご案内Our Service

ボトックス注射

眉間や目尻などの表情じわ改善だけでなく、小顔や脚痩せも実現。

  • デザイン力を重視し、自然で美しい仕上がりを実現
  • 注入時間は5分程度で、痛みやダウンタイムがほとんどない安心な施術

ボトックスは筋肉と神経の結合部に作用し、局所的に筋肉の動きを弱めることで、筋肉の収縮を抑制します。ボトックスを注入し筋肉のバランスをコントロールをすることで、表情じわを軽減します。また、えらをなくす、あごを細く尖らせるなどの小顔効果や、ふくらはを細くしなやかにする効果も得られます。

ボトックス注射とは

ボトックス注射とは、ボツリヌス菌の作り出すA型ボツリヌス毒素(天然のタンパク質)をごく微量含有する筋弛緩作用のある薬剤を、緊張している筋肉に注入することでその筋肉をリラックスさせ、しわを軽減する治療です。(毒素といっても、天然のたんぱく質からできた毒素を分解・精製したもので、ボツリヌス菌の菌体やその成分、培養液の成分などは一切含まれません。)

担当医が語るタカミのボトックス注射

筋肉の収縮を抑制し、しわをできにくくするボトックス注射は、施術にかかる時間も短く、通常、注射後1~2週間で目に見えて効果が現れます。(注入部位によって異なります。)また、施術に使用するのはとても細い針なので注射の跡が残る心配もなく、美容医療がはじめてという方にも大変人気の施術です。

特に、不機嫌そうに見える眉間のしわや、笑った時の目元のしわは、筋肉の収縮によっておきますので、ボトックス注射が効果的です。おでこのしわも同様にボトックス注射が効果的ですが、目を開閉するときに眉が動く人はボトックスを打った後に目を動かすとき“重い?”と感じるなどデメリットが出やすいので、カウンセリングでしっかりと症状を確認します。 しわの治療の他にも、小顔や脚痩せもボトックス注射で効果を出せるケースがあります。

使用する製剤について

ボトックス注射で用いるA型ボツリヌス毒素製剤は、25年以上にわたり医薬品として、さまざまな疾患の治療に使われており、しわ改善のほかにも、斜視、片側顔面けいれん、痙性斜頸(けいせいしゃけい)などの治療に用いられています。

当院で使用する製剤は、A型ボツリヌス毒素製剤の中でも、「ボトックスビスタ®(BOTOX Vista)」と「ニューロノックス®(Neuronox)」を施術内容によって使い分けて使用しております。

目尻、眉間、額、あご、など、しわ改善治療には、「ボトックスビスタ®」を使用しています。 ボトックスビスタ®は、高品質で高い安全性と実績を持つアラガン・ジャパン社製の製剤で、日本では唯一の厚生労働省承認製剤です。アラガン社は、1980年代よりA型ボツリヌス毒素製剤の開発に携わり長きにわたる臨床経験を有しており、BOTOXは米国で発売以来、全世界でトップシェア、その効能効果については世界60か国以上で承認されています。

尚、ボトックスビスタは、アラガン社から認定を受けた医師のみが施術を行うことが可能です。当院では資格を得た医師が必ず施術を行います。

「ニューロノックス®」(Medy-Tox社製)は、ボトックスビスタ®と同じボツリヌス毒素製剤ですが、いわゆる後発品であるためコストパフォーマンスが良いのが特長で、KFDA(韓国食品医薬品安全庁)で認可され世界で広く使用されております。

当院では、小顔やふくらはぎ、多汗症といった製剤を比較的多めに使用する部位にはニューロノックス®を使用しています。ご希望の方には、これらの部位にボトックスビスタ®を使用することももちろん可能です。

ボツリヌス毒素製剤は、非常にデリケートな製剤で、温度管理を怠ったり衝撃を受けたりすると本来の薬の効果が発揮されなくなります。当院では、製造や保管においての温度管理・運送体制が徹底された製剤を正規代理店を通じて患者様に提供しております。

ボトックス注射の持続期間について

ボトックス注射の効果は、約3カ月~半年と言われています。
治療部位や個人による差がありますが、通常2~3日で効果が現れ始め、2~3週間で安定し、その後3~4カ月間程度持続したあと、時間の経過とともに徐々に効果が消えていきます。この場合、再注入することによって同様の効果が現れます。
大事な予定やイベントなど目標がある場合は、半月から1ヵ月くらい余裕を持って治療を受けることがおすすめです。

施術効果

  • 表情じわの改善、予防(目尻・眉間・額)

笑ったり、怒ったりするときに現れる、目尻のしわや眉間のしわなど、表情筋の収縮によるしわを改善します。

表情ジワができる原因とは?

表情じわができる原因は、眉間、ほうれい線など、場所によって異なります。例えば目元のしわは、主に加齢によって皮膚や皮下組織が薄くなったところに表情筋の動きが伴うことによって起こります。皮膚が薄くなると、笑うなど皮膚の奥にある筋肉が収縮したときに皮膚表面の“踏ん張り”がきかず、しわになりやすくなってしまいます。
眉間のしわは、眉を寄せる力が強い人ができやすい表情じわです。40代以降、皮膚の弾力が徐々になくなってきますので、表情じわが刻まれやすくなります。普段は気を付けていても寝ている間に無意識に寄せてしまっている場合もあります。 ほうれい線は、加齢や表情の癖のほかに、頬のお肉が下垂することや口周りの皮膚が薄くなることによってできやすいです。ほうれい線の場合、ボトックス注射よりもヒアルロン酸注射が適応となる場合が多いでしょう。


  • アゴの凹凸改善

老けた印象を与える、あごのうめぼしじわを、つるんと滑らかなあごに改善します。





  • 口唇上のすぼみじわ改善

口をすぼめた時に出来るしわを改善し、年齢感を払拭します。





  • 小顔(エラ張り)効果

奥歯の噛みしめや歯ぎしりなどで発達した、エラの筋肉(咬筋)をボリュームダウン。
エラの張ったフェイスラインをスッキリさせ、小顔に改善します。

エラ張りが目立ってしまう原因とは?

顔のエラの張りが目立つ原因は、骨格によるものや、リンパの停滞、脂肪など様々ありますが、ボトックス注射で改善できるものは、筋肉(咬筋)の発達による場合です。
顔の咬筋という筋肉は、すべての人が持っている筋肉で、この筋肉が発達して大きくなることで、エラが張って見え目立ってしまいます。咬筋は文字通り咬む(かむ)筋肉となります。かたいものを噛むことによってこの筋肉は発達していきますが、過度な歯ぎしりや食いしばりは、必要以上に咬筋に負荷がかかってしまいます。歯ぎしりが習慣化することで結果的に咬筋が発達してしまい、エラが目立ってしまうというケースもあります。

  • 脚痩せ(ふくらはぎの脚痩せ)効果

運動などで過剰に発達した、ふくらはぎの筋肉をボリュームダウン。細くしなやかな女性らしいレッグラインに改善します。

ふくらはぎが太く目立ってしまう原因とは?

ふくらはぎが太く見える原因には、脂肪太り、むくみ、そして筋肉の発達が挙げられます。
セルフケアでの対策が難しい筋肉の発達ですが、その原因は、過去にスポーツをして現在も習慣化している、ハイヒールを日常的にはいている、など、一部の筋肉を酷使することにあります。ふくらはぎには「ヒラメ筋」と言われる大きな筋肉があり、このヒラメ筋に過剰な負荷が習慣的にかかることで筋肉が発達し、ふくらはぎが太くみえてしてしまう原因となります。筋肉の発達によるふくらはぎの張りは、ボトックス注射で筋肉の緊張を和らげることで改善が可能です。

症例写真

  • 表情じわの改善、予防(目尻・眉間・額)

目尻

  • 治療前
    治療前
  • 治療後
    治療後

思いきり目をつぶっても、目尻のしわが全く出現しなくなります

  • 治療前
    治療前
  • 治療後
    治療後

笑いじわはボトックス注射で改善できます。痛みも、内出血もほとんどなく2~3日目には効果が現れてきます。


眉間

  • 治療前
    治療前
  • 治療後
    治療後

表情が険しく見えてしまう眉間のしわを改善。思いきり眉を寄せても、眉間にしわが出現しなくなるため、表情が柔らかくなり穏やかな印象になります。


  • 治療前
    治療前
  • 治療後
    治療後

通常、額にボトックスを注入すると眉が動かなくなり、鉄仮面のようになってしまうと言われています。そこで当院では、個々に合わせて注入量・注入箇所を的確に決めるため、眉に可動性を持たせたまま表情じわをできにくくすることが可能です。

  • 治療前
    治療前
  • 治療後
    治療後

眉を動かさない普段の状態で額に残っていた横じわが消失しています。


あごの凹凸(うめぼしじわ)改善

  • 治療前
    治療前
  • 治療後
    治療後
  • 治療前
    治療前(50代女性)
  • 治療後
    治療後(50代女性)

ボトックス注射とヒアルロン酸注入のコンビネーション治療。
老けた印象を与える、あごのうめぼしじわをボトックス注射で改善。さらに法令線~口唇~あごのしぼんだ印象をヒアルロン酸注入で改善することで、ふんわりと優しく若々しい口元へ。


口唇上のすぼみじわ改善

  • 治療前
    治療前(60代女性)
  • 治療後
    治療後(60代女性)

ボトックス注射とヒアルロン酸注入で、口をすぼめた時に出来るしわを軽減させた症例です。
※上記の写真は両方とも目いっぱい口をすぼめている状態です。
ボトックス注射は日常生活に問題の無い範囲で制限をかけています。
ヒアルロン酸注入の症例はこちら


小顔(エラ張り)

  • 治療前
    治療前
  • 治療後
    治療後
  • 治療前
    治療前
  • 治療後
    治療後

奥歯の噛みしめや歯ぎしりなどで発達した、エラの筋肉(咬筋)をボリュームダウン。エラの張ったフェイスラインをスッキリさせ、小顔に改善します。

  • 治療前
    治療前
  • 治療後
    治療後

ボトックス注射とウルトラアクセントのコンビネーション治療。
筋肉に対してはボトックス注射(エラボトックス)、脂肪に対してはウルトラアクセントを施術。
すっきりとしたフェイスラインが手に入ります。


脚痩せ(ふくらはぎの脚痩せ)

  • 治療前
    治療前
  • 治療後
    治療後
  • 治療前
    治療前
  • 治療後
    治療後

筋肉の発達により太くなったふくらはぎにボトックス注射を実施。ふくらはぎの筋肉のボリュームをダウンすることで、張っていたふくらはぎが細くなり、女性らしいレッグラインに。


施術の流れ

  • カウンセリング

  • 医師による診察

  • 麻酔

  • 消毒

  • ボトックス注射

  • 止血

  • メイク直し

施術時間

施術内容 所要時間
ボトックス注射 麻酔を含めて20~30分

施術料金

部位 1回料金
目尻(両側) 54,000円
眉間 54,000円
54,000円
小顔(エラ張り) 54,000円
脚痩せ(ふくらはぎの脚痩せ:両脚) 129,600円
あごの凹凸改善 54,000円
口角アップ 54,000円
多汗症 129,600円
花粉症 15,120円
  • 麻酔代:1,080円~3,240円
  • 初診料:3,240円(再診料:1,080円)
  • 当院はすべて税込価格表記となります。

ボトックス注射に関する詳細・注意事項

注意事項/副作用

・ボトックス注射の効果は処置後1~2時間もしくは、2~3週間後に現れ、通常3~4ヶ月持続します。
 その後、時間の経過と共に効果は消失し、処置前の状態に戻ります。
・稀に、体質により耐性が生じる可能性があると言われています。
・内出血が出た場合、通常1~2週間前後でおさまります。

禁忌事項

・妊娠中もしくは妊娠している可能性のある方、授乳中の方、3ヶ月以内に妊娠予定の方。
・神経、筋疾患をお持ちの方。
・ボツリヌス菌が原因と思われる食中毒の既往がある方。
・過去にボトックス治療でアレルギーのあった方。

よくあるご質問

ボトックスはどの位の期間、効果が持続するのですか?
3~4ヵ月効果が持続し、その後は徐々に効果が消えていきます。
注入したボトックスは何処に行くのですか?
筋肉に効果があるものなので、筋肉に作用し、時間が経つと効果が消失していきます。
手のひら・脇ボトックスをすると、まったく汗をかかなくなるのですか。
打つ前に比べますと、気にならない位の量になります。ただし、全く汗をかかなくなるという事ではございませんので、ご了承ください。
額のボトックスをした知人から、目が開けにくくなったと聞いた事があるが大丈夫ですか?
筋肉の働きを弱めるので、打った直後は額の部分が重く感じる方も中にはいらっしゃる様です。ですが、ボトックスを額に注入したことで、目が開けにくくなるということはございませんので、ご安心ください。
ふくらはぎに、ボトックスを打ち、柔らかくはなってきましたが、ここから細くなるのですか。それともこれが効果ですか?
肉質が柔らかくなっているのは、効果が表れていることになります。個人差がありますが3~4ヵ月に1度のペースで、施術を重ねることで、更に効果が期待できます。

『Doctor’s columnのボトックス注射関連お悩み記事』

『Doctor’s column』では、“おでこにできるしわの原因と対策・治療方法とは ”“しわの原因とその予防策、美容皮膚科で行うエイジングケア治療について”“エラは生まれつきが原因ではないものも!その原因と解消法は?”“脚痩せの正しい対策法を解説。部分痩せと美脚はこうして実現します”など、ボトックス注射に関連するお悩み記事を取り扱っております。

当院の経験豊富な医師が、しわ・エラ張り・脚痩せ・多汗症の悩みを持つ方々に向けて、その原因と対策や、美容皮膚科でできる治療法の紹介などを行っています。ボトックス注射以外の改善策についても解説していますので、ご参考になさってください。

『Doctor’s columnのボトックス注射関連お悩み記事』
・おでこにできるしわの原因と対策・治療方法とは
・しわの原因とその予防策、美容皮膚科で行うエイジングケア治療について
・エラは生まれつきが原因ではないものも!その原因と解消法は?
・ 脚痩せの正しい対策法を解説。部分痩せと美脚はこうして実現します
・多汗症の原因はストレス?症状別おススメ対策法を解説します

コラム監修:山屋雅美医師 本田えり医師

恐れ入りますが当クリニックは完全予約制です。初診と再診でご予約の際の電話番号が異なりますのでご注意ください。

  • 初診の方はこちら

    03-5414-6000
  • 再診の方はこちら

    03-5414-6300

電話受付時間 10:00~20:00